睡眠障害とADHDに関するトピックス

・鼾をかく子はADHDであることが多い

 (ADHD 33%, 精神疾患 11%, 健常児 9%)(Chervin, 1997)


・閉塞型の睡眠障害を持つ児は

 居眠り(84%)、行動障害(76%)、多動(42%)、学校生活の低下(16%)がみられる。 (Guilleminault, 1981)


・鼾をかく子は IQ が 12.2 低い。(Blunden, 2000)


・重度の睡眠障害を持つ乳児ではADHDの発症リスクが高い(Thunstrom M, 2002)



















inserted by FC2 system