ADHDとは結構良いものである―ADHDの有名人たち―

ADHDという診断は決して悲観的なものではありません。

ましてや人生の落伍者では決してないのです。

成人のADHDの研究が進んでいるアメリカのデータでは

4.5%の成人がADHDといわれています。

子供のADHDの頻度は7%ぐらいですのでおよそ3分の1の子が治っています。

残りの人たちもADHD的な性格を持ちながら成功を収めている人が多いのです。


ADHDの3つの性格は、集中力がないこと、および多動と衝動性です。

でもこれらの症状を今一度考えてみると

集中力がないひらめき、創造性

多動エネルギッシュ、雄弁

衝動性実行力、行動力

となり、ADHDの症状も考え方を変えるととても前向きな症状です。


ADHDは、おっちょこちょいな感じが強いですが、決して憎むべき人たちではありません。

どちらかというと人なつっこくて感激家の人が多いのです。


想像力、多芸、そしていろいろな才能を持っているので、

芸術家や科学者、さらには偉人になる人さえいます。


そして実行力、行動力があるため、企業家や政治家になる人も多いです。

そこで世界を変えた偉人たちや有名人の中で

ADHD(またはLD)の可能性のある人を上げてみましょう。




偉人たち

# レオナルド・ダ・ビンチ(Leonardo da Vinci)

# 坂本竜馬

# パットン将軍George Smith Patton,Jr

Old Blood and Guts

(第二次世界大戦の将軍 1885年〜1945年)

ジョージ・S・パットン将軍は、日本でも映画などで知られる第二次世界大戦の英雄です。

とくにアフリカでロンメル将軍率いるドイツ軍戦車部隊と戦ったことは有名です。

# ネルソン・ロックフェラー(Nelson Rockerfeller)



政治家

# リンカーン大統領(Abraham Lincoln)

# クリントン大統領(Bill Clinton)

# ウィルソン大統領(Woodrow Wilson)

# ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)

# ベンジャミン・フランクリン(Benjamin Franklin)

作家、政治家、科学者、外交官 1706年〜1790年

ジョージ・ワシントンと並んで日本でも最もよく知られたアメリカ建国の偉人

ベンジャミン・フランリンの肖像画。

稲妻が電気であることを証明する実験を行ったことで有名。

彼はまたアメリカ独立革命に活躍した政治家でもあった。



科学者

# エジソン(Thomas Alva Edison)

# アインシュタイン(Albert Einstein)

アインシュタインはADHDというよりもLDの可能性がある

アインシュタインは、子どもの時ことばが遅く3歳になっても言葉を話さなかった。

やっと話せるようになってからも運動が嫌いで友達と遊ばず、

一人で遠くから見ているだけだった。

語学が苦手で学校の成績もさっぱり。

数学だけは抜群で、先生からは

「数学ができるのだから、他の科目もできるはず。怠けているに違いない」といわれた。

大学の入学試験では、数学以外の科目のせいで合格できず

無試験で入れる大学に入学した。

# ガリレオ(Galileo Galilei)



俳優・有名人

# トムクルーズ(Tom Cruise)

LDのため子供の頃から転校を繰り返した。

彼の母親もLDだったため家庭での学習は難しかった。

スポーツに目覚めた彼はサッカー選手になるが骨折のためその道を立たれた。

その時演劇への誘いを受け,舞台に立ったのが彼の役者としてのキャリアの始まりだ。

彼はせりふを読み覚えるのに時間がかかるので

全てテープに吹き込んでもらって覚えている。

レインマンもそんな関係で自分から志願して出演した。

# ウーピー・ゴールドバーグ(Whoopie Goldburg)

# ロビン・ウィリアムス(Robin Williams)

# ジャッキー・スチュワート(Jackie Stewart) (race car driver)

# チャールス・リンドバーグ(Charles Lindburgh)



芸術家・作家

# ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)

# アンデルセン(Hans Christian Anderson)

# デンマーク, オーデンセ (Odense)

# アガサ・クリスティー(Agatha Christie)

# ロダン(Auguste Rodine)









inserted by FC2 system