ADHD (Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)

とにかくじっとしていない

落ち着きがなくい

気が散りやすい

衝動的

身勝手で自己主張が強い

とってもおしゃべり

順番をまてない

邪魔をする・・・・



これらの症状はすべて一つの問題点から生じている可能性があります。

それはADHDと呼ばれている問題点です。

ADHD症状の難しいところは何やらただの性格のように思えることです。

でもADHDの人たちはこのような症状を自分では解っていてもなかなか治せないことや、

親もまたADHDの子どもたちを修正するのが難しいのです。



ADHDの診断のポイント


#発達障害であること

発達障害とは子どもが年齢を重ねるに連れて獲得できることが上手く出来ないことです。

決して上手くできるようになっていたことが出来なくなってきたことではありません。

ADHDの症状は集中障害と多動−衝動性です。

これらの集中障害と多動−衝動性は共存することもありますが、別々に存在することもあります。


すなわち、落ち着きがなく、衝動的で、しかもいろいろなミスをするタイプや

教室や職場で目立たないけど勉強や仕事に集中することができず、

ボーっとしていたり、他のことをしていたりする人もいます。


#小児期に発症する


この集中障害や多動−衝動性は幼稚園ごろには明らかになっています。

大人になってから診断された人もいるでしょうが、ADHDの症状は7歳未満に発症しています。


#症状は、比較的長い間続き、どこでもみられる


小学1年生になったばかりの子どもたちは、みんな落ち着かず、そわそわしています。

でも通常は2学期になれば落ち着いてきますが、ADHDの子どもたちはなかなかそうはいきません。


症状は学校だけで見られたり、家庭だけで見られたりするわけではありません。

どこでも同じような症状がみられます。


#症状が、日常生活における、著しい困難を引き起こす


この項目が最も大切と考えられます。

これがなければ病気ではなく、集中障害や多動−衝動性は性格と考えて良いでしょう。


#生活に重大な影響を与える


これも大切です。

何も問題がなければ悩まないですから。


#他の疾患を除外する(広汎性発達障害、精神発達遅滞、統合失調症)


広汎性発達障害とは自閉症のことです。

限りなくADHDと似ている自閉症があります。




主たる症状をもう一度示します。


・多動

・落ち着きがない

・気が散りやすい

・衝動的

・身勝手で自己主張が多い

衝動性のことについて(とても大切です)


・衝動性とは考える前に行動することです。

・攻撃性と同義語では決してありません。

・すなわち衝動性とは

過剰なおしゃべり

出し抜けに答える

話題を急に変える

順番をまてない

邪魔をする

なのです。









inserted by FC2 system