子どもの正常な成長

生まれたばかりの赤ちゃんの 平均身長は50cm程度にすぎませんが、

乳児期、学童期、思春期等を経て大人になるまでに、身長は通常3〜3.5倍程度伸びます。

この問の成長の仕方には個人差がありますが、身長の伸びる速度や伸び方にはほぼ一定したパターンがあり、

乳児期には急激に伸び、その後はゆるやかに成長して、思春期に再び急激に伸びるようになります。

このようなパターンになるのは、成長する過程で、さまざまなホルモンが成長を調整しているからです。

また、成長に個人差がみられるのは、

両親の体格や子ども自身の体質、栄養、生活環境、運動など さまざまな要因の影響を受けるためです。

成長のラストスパートとなる思春期を迎える時期が早いか遅いかによっても、最終的な身長は変わってきます。


















inserted by FC2 system