難聴

ダウン症候群の難聴には感音性難聴と伝音性難聴があります。

それぞれ治療は可能ですので心配しないでください。


種類:感音性難聴(2〜5%)

治療:補聴器、人工内耳


種類:伝音性難聴(30〜74%)

治療:外耳道が細い、耳垢塞栓


種類:浸出性中耳炎(20〜60%) 

治療:マクロライド系抗生物質、ムコダインの長期投与
    

伝音性難聴の発症はいつでも起こりえます。

常に検査を受けることを心がけてください。


診断:生後半年からABRを半年ごとに 

検査方法:聴性脳幹反応ABR、DPOAE







inserted by FC2 system