眼科的障害

斜視(20〜45%)内斜視が多い。

外斜視もあります。
 
白内障(30-40%)の発症頻度は高いです。
  
年齢とともに発症率が高くなります。

    幼児期(10-13%)

    学童期(35-45%)

    中高生(70%)

    しかし学童期に手術を要する進行性白内障はまれです。


屈折異常(近視、遠視、乱視)

眼振(18%)
 
眼底異常(4%)

角膜疾患、眼瞼下垂  

これらの検査をいつ行うべきか決まりはありません。

定期的な検診が必要です。







inserted by FC2 system