自閉症の発症率

大阪自閉症研究会では、自閉症実態調査を行いました(協力していただいた市は5つ)。

その検討では出生数9,300人の内41名の自閉症児が把握されていることが判明しました。

出生1,000対4.4人、227名に1人になります。

この値はニューヨークや他の大都市の研究とほぼ同じ数字です。

最近は診断率が高まっただけで実際の自閉症の数は変わらないという人もいますが、

私はやはり自閉症の数は増えていると思います。























inserted by FC2 system